最新の企画は下記をクリックしてご確認ください。

企画・ツアー・勉強会 参加者募集
東北ツーリズム大学

胎内型ツーリズム推進宣言

議案審議後、胎内市長より「胎内型ツーリズム推進宣言」が宣言されました。

市長よる「胎内型ツーリズム推進宣言」(全文)

胎内型ツーリズム推進宣言
 本市が誇る山・川・海の美しい自然やバランスのとれた農林水産業、他に例のない多様な観光交流施設等の素晴らしい地域資源を活かした都市生活者との交流事業「胎内型ツーリズム」を本市の重要な施策として位置づけ、市民の合意と主体的な取り組みを基本に地域が一体となって推進します。
1 “愛、優しさ、思いやり、信頼、感動、感謝”を合い言葉にした胎内型ツーリズムの推進
 胎内市に住んでいる人たちが、安心して、快適に、生活を楽しく送る中で、都市生活者を温かく迎え入れることができるよう、胎内市や農業、農村に自信と誇りの持てるオンリーワンの地域づくりに努めます。
また、都市生活者と真正面から向き合い、信頼関係を築き、胎内市のファンづくりと第二の故郷に選んでもらえるような体制づくりに努めます。
2 文化水準の高い胎内市づくりの推進
 全国に誇れる観光交流施設を市民の生涯学習、健康づくりと福祉対策、学校の体験教育等、市民交流・研修の場として有効活用し、市民のコミュニティづくりや輝く人づくりで文化水準の高い胎内市づくりに努めます。
3 多様なビジネス人材等の育成
 胎内型ツーリズムの継続的な展開を図るため、推進の中心的な役割を担う胎内型ツーリズムインストラクター等の人材の育成、農産加工、農産物直売所、農村民泊の整備に努めます。
4 安心・安全・高品質な農畜産物生産のため、都市生活者の参画型の農業生産の推進
 耕蓄連携、バイオマスの活用など地域循環型農業を推進するため、都市生活者と積極的に交流し、生活者参画型の農業生産の推進に努めます。
5 胎内型ツーリズムの推進・支援体制の整備
 市民の主体的な取組みや地域・集落の取り組みを支援するため、行政の総合的な推進・支援体制の整備を進めます。
 以上宣言する。

 平成19年6月10日
                新潟県胎内市長  吉 田 和 夫



胎内型ツーリズム推進宣言

胎内型ツーリズム推進協議会301人会設立総会資料

胎内型ツーリズム推進協議会301人会設立総会
  と き:平成19年6月10日(日)
  ところ:ロイヤル胎内パークホテル


設立総会 表紙
次第

趣意書
設立事務局より設立趣意書の説明があり、設立について承認されました。

規約
設立事務局より規約(案)の内容説明があり、原案のとおり承認されました。

あわせて、役員の選任等について、原案のとおり承認されました。
 (役員・推進チーム・世話人・顧問・コーディネーター)

平成19年度事業計画
設立事務局より事業計画書(案)の内容説明があり、原案のとおり承認されました。

以上を承認をもって、胎内型ツーリズム推進協議会301人会が設置されました。

のうはく通信 第7号発行しました

のうはく通信第7号を発行しました。

こちらからご覧ください⤵

のうはく通信7号.pdf

のうはく通信 第6号

第6号発刊しました。是非ご覧ください

のうはく通信6号.pdf

胎内高原ワイン用ぶどう畑と工場見学会  ※定員に達したため募集を締め切らせていただきます

おかげさまで申し込みが定員に達しましたので締め切らせていただきます。ご参加希望の方には大変申し訳ございませんが、あらためて別企画を検討いたしますので、またの機会にご応募をお待ちしております。

日本ワインコンクールで数々の賞を獲得してきた胎内高原ワイン。そのおいしさの秘訣について実際に生産に携わっているスタッフが直接解説します。普段は入れないぶどう畑からの眺望やワイナリーをぜひご覧ください。

☀とき  3月23日(土) 午前9時30分~正午頃まで

☀日程  黒川庁舎9:30~新潟フルーツパーク(1時間30分程度)~胎内高原ワイナリー(30分程)~黒川庁舎12:00頃到着予定
※天候状況により内容が変更になる場合があります
※悪路を歩きますので、長靴と防寒対策をしてお越しください
※移動はマイクロバス。ぶどう畑は普通車に乗り換えて移動します。

☀募集人員 15人 ※定員になり次第締め切ります

☀参加費 無料 ※胎内高原ワインを使ったスイーツのおみやげ付き

☀申し込み・問い合わせ  胎内型ツーリズム推進協議会301人会事務局(胎内アウレッツ館内)  ☎0254-48-3321 
※(土・日・祝)休み

ワイナリー外観.JPG

ぶどう畑イメージ@.JPG

E381B6E381A9E38186E79591E382A4E383A1E383BCE382B8E291A1-thumbnail2[1].jpg

のうはく通信 第4号、第5号

のうはく通信の4号と5号を掲載いたしました。
こちらから是非ご覧ください

のうはく通信第4号.pdf
のうはく通信第5号.pdf

301人会研修会を開催しました

3月10日(木)、当協議会の主要事業「ふるさと体験学習」の実施校のひとつである胎内市立中条小学校さんが今年度、日本で最も権威のある賞のひとつとされている『博報賞』を受賞されました
当協議会の取組が全国に認められているという証でもあることから、中条小学校の池田先生にお願いして事例発表をいただきました

研修会の様子1.JPG
先生のお話に参加者それぞれ、取組の素晴らしさ、価値を共有できました
講演する池田先生.JPG

研修会の様子2.JPG

のうはく通信第3号発刊!

のうはく通信第3号を発刊しましたexclamation
事務局では引き続き受入民家の募集をおこなっていますので、
興味のある方はぜひご連絡くださいexclamation
お待ちしていますぴかぴか(新しい)

第3号はこちらからバッド(下向き矢印)

のうはく通信第3号.pdf

講演会を開催しました

301人会の26年度の通常総会第二部として、『花まる学習会』野外体験部・新井征太郎氏の講演会が平成27年3月15日、胎内市産業文化会館を会場に開催されました。当日は農泊受入民家をはじめ、体験活動の講師、学校の先生など各方面から多数ご参加いただき、子ども達の野外体験の重要性、地域の活性化へのヒントなど熱心に聴講する様子がうかがえました。講師からは胎内市は地域の素材を充分に活用した活動であること、また市民全体で取り組んでいることなどに触れ、301人会の素晴らしさ、市民の意識の高さに関心しておられました。参加者にとり、当市のグリーン・ツーリズムに対する理解をさらに深めることができた有意義な講演会でした。

講演会の様子.JPG
(講演会の様子)

熱く語る新井氏.JPG
(熱く語る新井氏)