最新の企画は下記をクリックしてご確認ください。

企画・ツアー・勉強会 参加者募集
東北ツーリズム大学

『胎内型ツーリズム』とは?

(新しい旅の提案)

ツーリズムは観光と訳されます。

観光の定義は、「余暇時間の中で、日常生活圏を離れて行う様々な行動であって、触れ合い、学び、遊ぶと言うことを目的とするもの」とされています。

従来の観光は、物見遊山・一過性的な観光・通過型観光の代名詞のように使用してきたが、その観光という概念から抜け出し、「もの(地域の持つ特性)」と「ひと(来訪者)」の交流、さらに「ひと(地域住民)」と「ひと(来訪者)」との交流の時代を豊かに創造して行くツーリズム(ニュー・ツーリズム)が提唱され、「観光やリゾートと区別された新しい旅の型が「ツーリズム」というカタカナで登場しました。ニュー・ツーリズムの具体的なものが、グリーン・ツーリズム、エコ・ツーリズム、ルーラル・ツーリズム等とされています。

胎内型ツーリズムは、地域資源を最大限に活用し、グリーン・ツーリズムの基本理念を追求しながら、都市生活者との感動的・継続的な交流を図ろうとするものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。